トレンチコート

楽天ランキング1位★
羽織れば即座に旬のネオトラッド・スタイル!
グレンチェック柄トレンチコート

「トレンチコート」は英語で「塹壕」を意味し、防衛線などを張る、塹壕戦など悪環境での耐久性も重視して作られていました。トレンチコートは、もともと軍人が、戦時中の防寒着として使用された軍用コートです。軍人が着用する場合を考え作られており、帯剣しやすいよう側面に長いスリットが入っているデザインが有名ですね。軍用であるために、装備品・携行品が入れられて、両手に武器などを持てるように、ポケットが工夫されて作られている物が多いようです。

第一次大戦中の軍用コート

イギリスのファッションブランド「バーバリー」のトレンチコートは特に有名で、第一次世界大戦などでも配給元の業者として製作を担い、業界での認知は高いです。また、イギリスロンドンの老舗高級ブランド「アクアスキュータム」もトレンチコートを供給していました。アクアスキュータムは、世界で始めて防水ウールを開発し、第一次世界大戦では、防水コートを兵士に提供しました。アクアスキュータムの防水コートは、その防水性能だけでなく、保湿性にも優れ、現在のトレンチコートの名前の由来となるコートであったといわれています。

トレンチコート人気の理由

現在、日本企業のレナウンの系列会社となっている「アクアスキュータム」ブランドのトレンチコートは、有名映画俳優の「ハンフリー・ボガード」や「ピーター・セラーズ」「アラン・ドット」などが愛用した事でも有名で、ブランドの認知を広めるきっかけの一つになりましたた。
ハードボイルド系の映画で俳優が着用していた事などから、多くの男性の購買意欲に影響を与えた事は確かだといえます。
英国ブランドの「バーバリー」「アクアスキュータム」社のトレンチコートは、1970年代などのビンテージものも売買されていて、ボタンや襟の形など、戦時の実用性から離れ、ファッション的要素を強く打ち出し始めたデザインに根強い人気があります。

混紡ギャバジンのトレンチコート

トレンチコートの本場といわれるイギリスでは、綿とポリエステルの混紡ギャバジンが多く出回っており、ナイロン・ポリエステルなどの比較的リーズナブルな物より実用性も高いです。混紡ギャバジン素材のトレンチコートでは、イギリスファッションブランドの「マッキントッシュ」が有名で、ハンドメイドで織られた独特の光沢と、滑らかな肌触りが定番のデザインとして定評があります。
また、本来の塹壕での耐水耐久性のよりデザインを重視している物も多く、定番のベージュ色の他、白や黒などファッション性の高い色の物も多く製品化されています。

スポンサードリンク

トレンチコートのベルト

トレンチコート着用する際、ベルトの締め方に様々なトレンドがあり、締めずにポケットに入れるなどのあしらい方もあります。また、トレンチコートのベルトは、正面や真後ろなどではなく、結び目を左右にずらす方法が定番と言われています。